脱毛に関する情報」カテゴリーアーカイブ

一度腋毛カラーをしてみて

一度腋毛カラーをしてみて
まちがったムダ毛自己処理をすれば血が出たりしてしまうが、脱毛と出血はあまり関係がないように見えますが、自己処理は危険な方法だということも理解してください。
ムダ毛自己処理と言ってもいろいろ方法があって、その中で出血性が高いのは剃刀の方法です。
安全カミソリと呼ばれるものなら間違えて切るケースは低いですがそれでも絶対切れない毛ではないです。
通常の使い方をしていると切れにくいものですが、力を入れ凸凹があるところを剃ったりすれば切れてしまうでしょう。
そして腋毛は百害あって一利なしですが、一本も生えてないつるつるした状態を目指し日々処理をしていきます。
これと逆をいくものがアメリカで巻き起こっていて、それは腋毛カラー。
白人女性に比べて黄色人種の私たちの体毛は、明るく茶色など目立つ色をしていますそのためムダ毛処理しなければ不潔で女性らしくないイメージを与えます。
肌の色は体毛の色の主張が強すぎて、そのコントラストが腋毛のマイナスイメージを出しているのです。
もしみんなに不人気でも正直してみたいと思ったら、長袖シーズン一回やってみてはどうでしょうか?
日本でいきなりカラーの腋毛を人目にさらすには勇気がいるでしょう。
日本はアンダーヘアより優先して腋毛処理をしていて、腋毛カラーから得る印象もアメリカと異なります。カラーリングされた腋毛はいいものと感じる日本人女性はとても少数です。
検索してみれば、腋毛カラーをsnsで投稿してるのはまだ見かけないですが、これから日本でもブームが起きるかも。